オキャネをだして買ってもらう、とゆーこと

@ハード系
 カンパーニュ、ライ麦生地のレーズンくるみ、コンプレ80
 おっきく焼いて、あとから切ります。
 
2016.02.17-2.jpg



@食パン
 白山(豆乳)、黒山(モラセス)
 超しっとりやわやわ。

2016.02.17-4.jpg



@その他
 あんぱん、フォカッチャ(パセリとチーズ)、ドーナツ(きなこ、シナモン)

2016.02.17-3.jpg



ここでは、具が入ったの、甘いのが売れる。
でも、あまり作りたくないし、作るのも手間だし、食べてほしくもない。
売り先がほとんど子連れなので、なおさら。
甜菜糖だ白砂糖だっていうけど、そんなの目クソ鼻クソやと思う。
黒砂糖はミネラルが多いって、
砂糖からミネラルを摂ろうとしている時点でアホやろと。
膵臓の働きを考えたら、差があるかも?



プレーンなパンに、各家庭で好きなものをのせたり、
塗ったりしてもらえたらそれでいいとおもう。
パン屋の手間も少なくて済むし、売値も安くできる。
でも、なかなかむずかしく・・・。

手間は価格に跳ね返るはずなのに、
そうじゃないのが日本のパン屋。
そもそもの値段がおかしい日本のパン屋。
それをふつうと思ってるひとたちに、買ってもらうのはかんたんじゃない。



がんばっても少ししか焼けないけど、
今日買ってくれたおうちは、少なくとも今日明日、明後日くらいは、
コンビニや、スーパー、何を使っているかわからない謎パン屋、
そういうものは買わないで過ごしてくれるはず。
そういうところに、お金が流れないはず。
私にお金流してくれたら、近場でまた回しますよって。
そのために作ります。



「からだにやさしい、安心安全なパンです。」



・・・なんて表現、天地がひっくりかえってもしたくない。
いまの状況を省みたら、パンをたべるひとがいなくなればいいと思う。
でも、きっといなくならないから、
せめて「買う」という行為の意味を考えてほしい。

体にいいたべものなんてだれにもわからない。
万が一、わかるときがあるとしたら、それは死ぬとき。
安心安全なんて、みんな基準がちがう。
そんなもの、私が決めることじゃない。



体にいい、安心、安全。
どれも「今」のこと。しかも超てきとー。
そんな不確かなものじゃなくて、
「未来」を想像して、投資をしてほしい。
買い物は投資で、投票だから。

からだにいいものなんていう、意味のわからない曖昧な判断より、
ずっとシンプルでわかりやすい判断だと思うのだけど。
子連れなら、こどもらが大きくなったときのこと、考えるはずでしょー。
むしろ、それが唯一最大の義務やと思う。

頼みます、おとなのひとたち。


posted by yoku-come at 11:08 | Comment(0) | TrackBack(0) | ぱん(自家製) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

やっぱり全然わかってない。

いつもいれるパンチも入れられなくて、
外出から戻れなかったうえに、思ったより室温も高くて、
やっと帰れば、あちゃー過発酵・・・。

でも焼くしかないし。



と、焼いたパンが、
いつもとまたちがうかんじで、悪くなかったり。

2016.02.20-1.jpg




パンチも、あんまり入れないほうがいいのかもしれない。
いつもだって、ほんとは、もうすこし待ってもよかったかもしれない。
味はやっぱり過ぎちゃってたけど、でもマズいわけではなく。

2016.02.20-2.jpg



生地はちょっと弱いかんじだったから、
パンチなしよりは、入れたほうがよさそう。
でも、回数は減らしていいんだきっと。




これは全粒粉80%。

2016.02.13-1.jpg



パサつかないように、モサモサしないように。
あとからちゃんと計算したら、加水が96%になってた。

2016.02.13-2.jpg



やわらかクラムにはなったけど、
水分が抜けきらない。
水分を減らすか、大きさを小さくするか・・・。

デッキオーブンを体験してしまい、
「アレがあればなぁ・・・」と、つい思ってしまう。
水分が抜けているのに抜けていない、っていうのを初めて経験して驚いた。
コンベクションでは絶対にあり得ない。



(´-`).。oO(アレがあればなぁ・・・。)
posted by yoku-come at 03:10 | Comment(0) | TrackBack(0) | ぱん(自家製) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする