8月15日

こどもを持ち、この日への感覚が間違いなく変わりました。

日本が先の戦争へ走り出した理由、様々検証されていますが、
「経済の行き詰まり」
それが大きなきっかけになったのは間違いない、という私の印象です。
(いろいろ読んでみて)



自分の日常生活でも、
なにかいさかいが起きたとき、もともとの原因を見失うこと、よくあります。
こどもとの関係でもしかり。

それが、より大きな力、多くの人、多くの声、
そして、引くに引けない状況、そういうものが重なったら。

「金がなくなった、首がまわらなくなった」
もともとはそんな理由だったのが、
それを誰かのせいにして、そこに間違った"正義"が叫ばれはじめ、
教育が利用され、そういったこどもが大人になって力を持って。



「戦争をしたくない、なんて理由、自己中心的でけしからん。」
と大学生に言い放った誰かが話題になりましたね。
自分と同世代というのが驚きでしたが、
同時に、子育て世代があのような発言を無邪気に行ったことに、強い恐怖を覚えました。

死んだら終わり。
逃げるのは恥じゃない。
やり直しはいくらでもできる。
死ぬな、逃げろ。

自分のこどもには、そうあってほしいと思っています。
そして、いろんな人がいるということを、許せるように。




アップリンクが今日から無料配信してます。
「アルマジロ」
http://www.uplink.co.jp/armadillo/2015/

戦後70年ということでしょうか、復刊だそうです。
「沖縄決戦 - 高級参謀の手記」



「アルマジロ」の兵士たちは、誰彼変わらず、
どこかのだれかの腹の中で育ち、産まれてきたこどもたちです。
私のこどもと同じように。
それを忘れてはいけないね。

posted by yoku-come at 10:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック