企業ウェブ・グランプリ

夫の携わったサイトが、
「2010年 第4回企業ウェブ・グランプリ」において
デザイン&クリエイティブ部門グランプリ受賞をしたとのこと。

夜なべして仕事をしているのを見ていたので、
こうして目に見える結果がでたことを嬉しく思います。




と、
私は畑違いも甚だしい仕事をしているので、
このコンテストがどういう位置づけなのか全く理解しておりませんが
ちょっと興味のある人なら、とても面白く読めそうなサイトです。
宜しければちょろっと覗いてみてくださいませ。


”楽器解体全書PLUS”
http://www.yamaha.co.jp/plus/

posted by yoku-come at 21:31 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

グラインダーがくさい

マシンより一足先にmazzerが届いた。

厳重な梱包をほどき、
ギウギウに詰まったアンコを抜いて、
重い重い本体を引っ張り出す。



ハァ!!
クサーー!!
クサイクサイクサイよ!!!



使われていたまんま、コーヒー粉がくっついていて
アメリカからはるばる運ばれてきたそいつが、
けったいな臭いを放っていました。

分かりやすく説明すると、
鼻から入って目の奥で一回チーンとなって、
脊髄を回ってこめかみから抜けていくようなにおい。

まずは掃除か…。
とてもすぐに使える状態じゃない。
分解、大丈夫かな。超不安。がんばろ。


マシンもアメリカを飛び立ったとの連絡が、
黒猫タンゴの宅急便から入っていました。
今週末到着予定。
カルキがビシビシに付いていない事を祈る。
そして、おへそのゴマの臭いがしない事を、切に祈る。



落ち着いて考えると、
コーヒーを挽くという使い道しかない道具が
なんだか増えてきてしまった。

最初に買ったのがポーレックスのミル
使い勝手が良く、会社用も買ったり人にもあげたりで、
今まででたしか、4本程買ったかと思う。計10000円くらい?
これとバネットを一緒に持っていけば、とてもコンパクトなのです。

そのあとにsaeco MAC001をリサイクルショップで2500円に値切って購入。

サエコちゃんを使わないうちに、
コンディションのいい富士珈琲R-440を見つけてしまい、
オークションで28000円くらいで購入。

で、今回のが諸々含めて55000円くらい。



よそで飲むより自分で淹れた方が安いし、うまく入れば味も許せるしー。
と、コスト面の魅力に惹かれただけだったのに。
ミルやグラインダーだけで10万円くらい使っている事実に愕然。

初めて箇条書きにしたけど、
外でおいしいコーヒーを、相当ガブガブ飲めるじゃん。

加えて、前はカフェや喫茶店なんて全然入らなかったのに、
コーヒーの味を見たくて、結局外で飲む機会も著しく増えた。


本末転倒か?
転倒しないように、気を付けよう。
そうしよう。
と、言い聞かせてみる。
今現在使っていないのはサエコちゃんだけで、
これは実家にお嫁に行く予定。


ほんと、
グラインダーの性質で味がすごく変わるです。
イイとかワルイは、個人の味覚の好みなので何とも言えませんが、
今よりもうちょっと…と思う方がいらっしゃったなら、
グラインダー環境を変えてみるのもいいかと思います。

初心者ながら、はっきり言えることは、
粉で買うのはやめた方がいいということくらい。
豆の状態なら、すこし多めに買うと割安だし、
その浮いたお金で、ポーレックスを1本買うことを強烈に推薦します。





posted by yoku-come at 21:04 | Comment(0) | TrackBack(0) | コーヒー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

何事も

どんなことがきっかけになるかわからない。
来年1年間を、エスプレッソの勉強の為に使おうか迷っています。



1ヶ月くらい前に、思い付きで出た講座の内容が、
直火の1kg焙煎機での焙煎と、その豆でのエスプレッソ抽出でした。
それまでエスプレッソなんてたいして飲んだこともなく、
むしろ何がウマいんだかも分からない状態、
もちろん淹れたことなんてないわけで。

私の中でのメインは断然焙煎でした。
釜を使わせてもらえる、ウキウキ!!
エスプレッソなんてやったことないけど、ま、いっか、くらいの。



・・・その講座の少しあとから先日まで、
googleのホンヤクこんにゃくを使って海外のサイトと、ebayをチェック、
エスプレッソ関係の情報収集に明け暮れました。(過度の脚色アリ)

エスプレッソ関連用品の値段に恐れおののき、
チビリかけたアナログ人間の私は、
人生で初めて海外からの買い物という手段をとることに。
クルマと業務用エスプレッソマシンが同じ価格帯だなんて、
この人生において知る由もなかった。おおおおぉ。



講座に参加して、
グラインダーの性能の大切さがよーーーーーく分かったので、
グラインダーだけは、ちゃんとしたの買おう、と決めました。

狙っていたものがいくつかあったのですが、それらは結局落とせず、
マシンについては妥協した感があったのですが
最終的にはそれくらいので良かったのかなと思っています。
使ったことないし、エスプレッソマシン・・・。

取引が成立したものとして、いずれも中古ですが
グラインダーがMAZZERのSupperJolly $450
マシンがRancilio Silvia $455

マシンはあまりキレイなものではなさそうでしたが、PID付でした。
少し落札価格が高くなっちゃったけど、
使えるものが届いてイジリ倒せばいいやと思います。
そもそも使ったことないし。
グラインダーの状態は、届いてみないとわからない。
何はともあれ、届いてくれないと話になりませむ。


エスプレッソが、恐ろしくすごくシビアなことの積み重ねなのだと、
知ることができた講座は大変な収穫でした。
おもわぬ出費をすることになりましたが・・・。

マシンを買うなんて考えていなかったとき、
USamazonを使った際に、TWISTというハンディエスプレッソマシンを買いました。
グラインダーが届いたら使ってみなきゃ。




このとき、無知な私は亜酸化窒素のカートリッジを買い込んだのですが、
返品も叶わず、海の向こうであえなく破棄となりました・・・勉強になったわー。
そのときの買い物のメインは↓





何屋になりたいのか、気を抜くと迷走しそうになるけれど、
いたずらにブレないように。
今の仕事、いつの間にやらあと半年を切ってる。
時間が過ぎるのは早いことこの上ないーーー。


posted by yoku-come at 22:36 | Comment(0) | TrackBack(0) | コーヒー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする